Translation of this blog(10か国語に翻訳)
Pick Up Article
WP QUADS の広告登録エラーの回避方法 WordPress "Error: Can not save settings. Try again"
COTECHI
COTECHI
こんにちは、COTECHIです。 私は、WordPressのプラグインに、WP QUADSを入れて、広告の貼り付けを便利に行っているのですが、時々、「Error: Can not save settings. Try again」というエラーが出て、その先全く作業ができなくなってあせってしまうのですが、どうしてですか?
P-MASTER
P-MASTER
あー。それだったら、レンタルサーバーのWAFが原因じゃないかなあ・・・ じゃあ、今日は、WordPressプラグインのWP QUADSとレンタルサーバーの関係について解説します。

WP QUADS - Quick AdSense Reloaded プラグインとは

WordPressプラグインの”WP QUADS”とは、Google AdSenseなどの広告を記事に簡単に設置することができる非常に便利なWordPressプラグインです。 自分が広告を表示させたい場所を指定し、バーナーソースコードを貼り付けておくと、全てのページに指定された場所に広告を挿入してくれます。 プラグインの簡単な設定のみですべての広告を管理して、設置することができるため、私は、とても重宝しています。 それほど便利なプラグインなのですが、時々広告ソースコードを張り替えるときに、遭遇してしまうエラーがあり、困ってしまうことがありましたので、備忘録として記しておきます。

広告コードの登録からエラーが出るまでの一連の流れ

ここで一度、”WP QUADS”の設定画面での広告ソースコードの登録からエラーメッセージが出るまでの流れを整理してみます。 ”WP QUADS”の設定画面の「一般」から・・・ 「広告」 → 「Plain Text/HTML/JS」を選択 → この欄に広告ソースコードを貼付け → 「変更を保存」 の順に設定します。
本来であれば、下の画像のように、中央に黒丸の中にチェックマークが大きく表示されて、登録完了になるのです。
しかし、下の画像のように、四角いアイコンが回り続け、エラー表示がされます。
「Error: Can not save settings. Try again」 (エラー:設定を保存できません。 再試行する。) このように、一度、エラーメッセージが表示されてしまうと、何度登録を繰り返してもこれ以上は先に進むことはできません。

対応策は、原因はレンタルサーバーのセキュリティ設定の一時解除

この原因は何でしょうか? 広告のソースコードは、 Javascriptで書かれています。 Javascriptは万能で高速なWEB開発に必須の言語ですが、どうしてもセキュリティ面の脆弱性があります。 ホームページの公開やメール送受信を行う場合、悪意のある第三者からのホームページの乗っ取りやデータ改ざん、情報の漏洩などの攻撃に備えて、被害防止が必要となります。 このような事態になるのを防ぐためにも、レンタルサーバーでは、セキュリティ対策をしてくれています。 「脆弱性検査を実施してセキュアなWebアプリケーションを開発する」「WebサーバのOSやミドルウェアにパッチを適用する」「Webアプリケーションファイアウォール(WAF)によって不正アクセスを防ぐ」といった対策をしているのです。 これが広告のソースコードであるJavascriptの実行を防止する働きをしているため、”WP QUADS”でエラーメッセージが表示される原因となっています。 このことから、 レンタルサーバーのWAFを一時的に「OFF」にすることで”WP QUADS”に広告のソースコードが登録ができるようになります。

ConoHa WING でのサイトセキュリティWAFを一時的に無効

私は、ConoHa-WINGレンタルサーバーを利用していますが、サイトセキュリティには、「WAF」というセキュリティ設定があって、これがデフォルトで「ON」になっています。 これが、広告のソースコードであるJavascriptの実行を防止する働きをしているため、”WP QUADS”でエラーメッセージが表示される原因となっているのです。 これを一時的にOFFにすることで”WP QUADS”に広告を登録できるようになります。
他社レンタルサーバーでも同様の事象が発生している場合は、セキュリティ設定を見直してみてください。
COTECHI
COTECHI
わー! はい、きちんと広告を登録することができました! これで、広告作業がとっても楽になります!ありがとうございます。
P-MASTER
P-MASTER
設定作業が終わったらWAFを有効にするのを忘れないでくださいね。 一度登録してしまえばWAFを有効にしても広告はキチンと表示されますから、安心して作業をしてください。
おすすめの記事